車両状態判定装置、車両状態判定プログラム及び荷重検出装置

開放特許情報番号
L2016000455
開放特許情報登録日
2016/4/4
最新更新日
2016/4/4

基本情報

出願番号 特願2014-055905
出願日 2014/3/19
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2015-178991
公開日 2015/10/8
発明の名称 車両状態判定装置、車両状態判定プログラム及び荷重検出装置
技術分野 情報・通信、輸送
機能 検査・検出
適用製品 車両状態判定装置、車両状態判定プログラム、荷重検出装置
目的 防振ゴムに内蔵された圧電ゴム部によって車両の状態を正確に判定することができるとともに、防振ゴムに作用する荷重を簡単に検出することができる車両状態判定装置、車両状態判定プログラム及び荷重検出装置を提供する。
効果 防振ゴムに内蔵された圧電ゴム部によって車両の状態を正確に判定することができるとともに、防振ゴムに作用する荷重を簡単に検出することができる。
輪重変動の程度を監視することによって、輪重減少に起因する走行安全性の低下などの異常状態を判定することができる。
技術概要
車両の軸箱の振動を抑える防振ゴムに作用する荷重を検出することによって、この車両の状態を判定する車両状態判定装置であって、
前記防振ゴムに内蔵された圧電ゴム部がこの防振ゴムに作用する荷重に応じて出力する電気信号に基づいて、前記車両の状態を判定する車両状態判定部を備えること、を特徴とする車両状態判定装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT