PCまくらぎ劣化判定システム、PCまくらぎ劣化判定方法およびプログラム

開放特許情報番号
L2016000454
開放特許情報登録日
2016/4/4
最新更新日
2017/6/26

基本情報

出願番号 特願2014-056749
出願日 2014/3/19
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2015-179026
公開日 2015/10/8
登録番号 特許第6110804号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 PCまくらぎ劣化判定システム、PCまくらぎ劣化判定方法およびプログラム
技術分野 情報・通信、土木・建築
機能 材料・素材の製造
適用製品 PCまくらぎ劣化判定システム、PCまくらぎ劣化判定方法およびプログラム
目的 劣化状況をより容易に把握できるPCまくらぎ劣化判定システムを提供する。
効果 目視点検に頼らずにPCまくらぎの劣化判定を行うことができ、この点において、PCまくらぎの劣化状況をより容易に把握することができる。
劣化しているPCまくらぎの割合に応じた閾値を用いて劣化判定を行うなど、PCまくらぎの保守点検における実績に応じた閾値を用いることができ、より正確にPCまくらぎの劣化判定を行うことができる。
技術概要
加振されたPCまくらぎの振動を測定する振動測定部と、振動の測定結果からたわみ3次モードの固有振動数を検出する固有振動数検出部と、
前記固有振動数検出部が検出した前記たわみ3次モードの固有振動数が所定条件よりも低周波であると判定すると、前記PCまくらぎが劣化していると判定する劣化判定部と、を具備するPCまくらぎ劣化判定システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT