潜熱蓄熱材組成物

開放特許情報番号
L2016000413
開放特許情報登録日
2016/3/23
最新更新日
2016/3/23

基本情報

出願番号 特願2015-118851
出願日 2015/6/12
出願人 山口 義信、山口 美智子
登録番号 特許第5854490号
特許権者 山口 義信、山口 美智子
発明の名称 潜熱蓄熱材組成物
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造、加熱・冷却
適用製品 潜熱蓄熱材
目的 耐熱性、カチオン、アニオン等のイオン交換能に対して、有用に作用する配合のサスペンションにより、転移点40℃〜50℃の温度設定の範囲で潜熱の吸放熱を効率よく行う調和型で一定の温度で蓄放熱の作用を所要する温熱用潜熱蓄熱材組成物の提供。
効果 一般的な生活温度域で利用35−52℃の範囲で1.0℃の単位で固体−液体の転移点を設定が可能な潜熱蓄熱組成物である。太陽熱や排熱などのパッシブな熱エネルギー(25℃〜80℃)の範囲で凝固潜熱と融解顕熱を活用し、低廉な動力でタイムラグを補う小型で大熱量を所要の蓄熱装置用素材として各設備に提供することができる。
技術概要
酢酸ナトリウム水和物、チオ硫酸ナトリウム水和物及び硫酸ナトリウム無水物で構成される三元系混晶物に対して、合成スメクタイト、パリゴルスカイト、アタパルジャイト、及びゼオライトから選ばれる1種以上の相分離防止用サスペンションと、氷晶石、四ホウ酸ナトリウム水和物、ピロリン酸ナトリウム水和物、ピロリン酸カリウム、EDTA−4Na・4H↓2O、及びNTA−3Na・H↓2Oのキレート錯体化合類より選ばれる1種以上の破過冷却促進触媒と、界面活性剤とを添加してなることを特徴とする潜熱蓄熱材組成物。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 山口 美智子

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT