色素増感太陽電池およびその製造方法

開放特許情報番号
L2016000408
開放特許情報登録日
2016/3/18
最新更新日
2016/3/18

基本情報

出願番号 特願2011-177369
出願日 2011/8/15
出願人 新日鉄住金化学株式会社、国立大学法人九州工業大学
公開番号 特開2013-041734
公開日 2013/2/28
登録番号 特許第5736610号
特許権者 新日鉄住金化学株式会社、国立大学法人九州工業大学
発明の名称 色素増感太陽電池およびその製造方法
技術分野 電気・電子、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 太陽電池
目的 フレキシブルな円筒型色素増感太陽電池の透明部材と色素増感太陽電池構成部材の間に隙間を生じて光電変換効率の低下をきたすおそれが少ない色素増感太陽電池を提供する。
効果 色素増感太陽電池は、カソード電極層、電解質層、集電電極および色素を担持する多孔質半導体層を有し、カソード電極層を中心軸とし、この順で円筒状または円錐台状に積層して配列される色素増感太陽電池構成部材ユニットを透明な熱収縮チューブで収縮被覆したものである。
技術概要
 
カソード電極層、電解液、集電電極および色素を担持する多孔質半導体層を有する色素増感太陽電池構成部材ユニットが、該カソード電極層を中心軸とし、この順で円筒状または円錐台状に積層して配列され、該色素増感太陽電池構成部材ユニットを透明な熱収縮チューブで収縮被覆してなることを特徴とする色素増感太陽電池。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT