色素増感太陽電池

開放特許情報番号
L2016000401
開放特許情報登録日
2016/3/18
最新更新日
2016/3/18

基本情報

出願番号 特願2011-503673
出願日 2010/3/4
出願人 国立大学法人九州工業大学、新日鉄住金化学株式会社
公開番号 WO2010/103759
公開日 2010/9/16
登録番号 特許第5531300号
特許権者 国立大学法人九州工業大学、新日鉄住金化学株式会社
発明の名称 色素増感太陽電池
技術分野 電気・電子、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 太陽電池
目的 光吸収効率の向上を図るとともに安価に製造することができる新規な構造のタンデム型色素増感太陽電池を提供する。
効果 色素増感太陽電池は、光が入射される側から順に、アノード基板、第一の色素担持多孔質酸化物半導体層、電解液層、多孔質支持体層、第二の色素担持多孔質酸化物半導体層、電解液層およびカソード基板を設けたものである。多孔質支持体層はヨウ素レドックス触媒層を担持する。導体により導体層から導出される電子はカソード基板に導入され、例えば照明用の電池回路が構成される。
技術概要
 
光が入射される側から順に、アノード基板、第一の色素担持多孔質酸化物半導体層、第一の電解液層、ヨウ素レドックス触媒層、多孔質支持体層、第二の色素担持多孔質酸化物半導体層、第二の電解液層およびカソード基板を設けてなることを特徴とする色素増感太陽電池。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

海外登録国 アメリカ合衆国
関連特許
国内 【無】
国外 【有】  アメリカ合衆国、中華人民共和国、インド
Copyright © 2017 INPIT