Δ4、Δ5及びΔ6脂肪酸不飽和化酵素、該酵素の製造方法、及び、該酵素を用いた不飽和脂肪酸の製造

開放特許情報番号
L2016000368
開放特許情報登録日
2016/3/16
最新更新日
2016/3/16

基本情報

出願番号 特願2014-064168
出願日 2014/3/26
出願人 国立大学法人東京海洋大学
公開番号 特開2015-181477
公開日 2015/10/22
発明の名称 Δ4、Δ5及びΔ6脂肪酸不飽和化酵素、該酵素の製造方法、及び、該酵素を用いた不飽和脂肪酸の製造
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 Δ4、Δ5及びΔ6脂肪酸不飽和化酵素、その製造方法、及び、それを用いた不飽和脂肪酸の製造方法
目的 魚類から、脂肪酸不飽和化酵素遺伝子を取得し、該遺伝子を改変して、Δ4、Δ5及びΔ6脂肪酸不飽和化酵素活性を併せ持つ脂肪酸不飽和化酵素を調製すると共に、該脂肪酸不飽和化酵素を用いて、植物由来の脂肪酸からエイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)のような不飽和脂肪酸を合成する方法の提供。
効果 本発明は、Δ4、Δ5及びΔ6脂肪酸不飽和化酵素活性を持つ脂肪酸不飽和化酵素を取得する方法を提供し、該脂肪酸不飽和化酵素を用いることにより、植物由来の脂肪酸からエイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)のような不飽和脂肪酸を合成する方法を提供する。
技術概要
Δ4、Δ5及びΔ6脂肪酸不飽和化活性を有するポリペプチドであって、
(a)配列表の配列番号6に示されるアミノ酸配列;又は、
(b)配列表の配列番号6に示されるアミノ酸配列において、1個若しくは複数個のアミノ酸が、欠失、置換、挿入若しくは付加されたアミノ酸配列からなることを特徴とするポリペプチド。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 東京海洋大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT