キレート機能を有する新規化合物、その製造方法及び用途

開放特許情報番号
L2016000367
開放特許情報登録日
2016/3/16
最新更新日
2016/3/16

基本情報

出願番号 特願2014-095406
出願日 2014/5/2
出願人 国立大学法人東京海洋大学
公開番号 特開2015-212240
公開日 2015/11/26
発明の名称 キレート機能を有する新規化合物、その製造方法及び用途
技術分野 有機材料、食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造、食品・飲料の製造
適用製品 新規シクロテトラ−γ−グルタミン酸立体異性体化合物、該化合物の製造方法、及び、該化合物をキレート活性成分とするキレート剤及びその用途
目的 天然物由来のキレート機能を有する新規化合物、該化合物の製造方法、及び、該化合物を活性成分とするキレート剤及び該キレート剤の飲食品、化粧品、医薬、及び洗剤への用途の提供。
効果 本発明は、天然物由来のキレート機能を有する新規化合物、該化合物の製造方法、及び、該化合物を活性成分とするキレート剤及び該キレート剤の飲食品、化粧品、医薬、及び洗剤への用途を提供する。本発明のキレート剤の活性成分であるシクロテトラ−γ−グルタミン酸立体異性体(stereoisomer)化合物は、γ−グルタミン酸4つの環状結合化合物であり、毒性がなく、飲食品用等の用途において、安全に使用することができるキレート剤として、特に有用である。
技術概要
刺胞動物の刺胞から分離取得したキレート機能を有するDDLL新規シクロテトラ−γ−グルタミン酸立体異性体化合物Cnidarin4A、及び、DLLL立体異性体Cnidarin4B。更に、該化合物を活性成分とするキレート剤及び該キレート剤の飲食品、化粧品、医薬、及び洗剤への用途。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 東京海洋大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT