移動体のエンジン起動検出装置

開放特許情報番号
L2016000313
開放特許情報登録日
2016/3/2
最新更新日
2016/3/2

基本情報

出願番号 特願平09-254106
出願日 1997/9/4
出願人 株式会社ユピテル
公開番号 特開平11-082262
公開日 1999/3/26
登録番号 特許第3856059号
特許権者 株式会社ユピテル
発明の名称 移動体のエンジン起動検出装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 エンジン起動検出装置
目的 あらゆる移動体の車種で共通かつ確実に使用できるエンジン起動検出装置を提供する。
効果 本発明によれば、起動した際のレギュレータの出力が、各種の条件に関係なく30Hz前後の低周波数の交流信号になることに着目し、それを検出するようにしたため、あらゆる移動体の車種でディーゼルエンジンとガソリンエンジンに対して共通かつ確実にエンジンの起動検出をすることができる。さらに、オルタネータに直結する必要がないので、信号取り出しのための配線も容易に行える。
技術概要
移動体の遠隔式エンジン始動装置におけるエンジンの起動検出装置であって、
前記移動体のエンジン出力により駆動されて3相同期発電するオルタネータの出力電圧を一定にするためのレギュレータの出力電圧を取得し、その出力電圧中の一定周波数成分を検出して出力する周波数成分検出手段と、
その周波数成分検出手段の出力信号が一定周波数範囲である場合に、その移動体のエンジンが起動したと判定する判定手段とを備え、
前記周波数成分検出手段は、前記一定周波数範囲以外の周波数範囲の内で、前記一定周波数範囲より高い少なくとも50Hz以上の周波数成分を除去することが可能なローパスフィルタを備えたことを特徴とする移動体のエンジン起動検出装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社ユピテル

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT