防食塗料組成物

開放特許情報番号
L2016000305
開放特許情報登録日
2016/2/25
最新更新日
2016/2/25

基本情報

出願番号 特願2004-333212
出願日 2004/11/17
出願人 大日本塗料株式会社
公開番号 特開2006-143806
公開日 2006/6/8
登録番号 特許第4230983号
特許権者 大日本塗料株式会社
発明の名称 防食塗料組成物
技術分野 化学・薬品、金属材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 防食塗料組成物
目的 重金属を含有しない無公害防錆顔料を用い、かつ該顔料を種々のバインダー樹脂に配合しても鉛化合物やクロム酸化合物と同等またはそれ以上の防食性能を発揮する防食塗料組成物を提供する。
効果 重金属を含有しない無公害防錆顔料を用い、かつ該顔料を種々のバインダー樹脂に配合しても鉛化合物やクロム酸化合物と同等またはそれ以上の防食性能を発揮する防食塗料組成物が可能になった。
縮合りん酸カルシウムが、腐食雰囲気下において水にわずかに溶解し、生じた縮合りん酸イオンが金属に対するキレート力が非常に強いため、鉄表面に不動態皮膜を形成し、錆の発生を防止するものと考えられる。
技術概要
 
カルシウム単体、酸化カルシウム、水酸化カルシウム、炭酸カルシウム、りん酸一水素カルシウム、りん酸二水素カルシウム、りん酸三カルシウム、ピロりん酸カルシウム及びピロりん酸二水素カルシウムからなる群から選ばれたカルシウム成分と正りん酸、ポリりん酸、亜りん酸及び五酸化二燐からなる群から選ばれたりん成分とからなり、かつその両成分中のカルシウムとりんとの原子比率(Ca/P=m)が0.50<m<1.00である単一物又は混合物を、180〜350℃で焼成してなる、下記式(1)、

Ca↓xH↓y(P↓nO↓(3n+1))↓z (1)

(式中、xは、1〜4の実数であり、yは、0〜2の実数であり、zは、1〜2の実数であり、nは、2〜6の整数であり、かつ、2x+y=(n+2)zである。)
で表される縮合りん酸カルシウムを含み、重金属を含まない無公害防錆顔料を、バインダー樹脂固形分100質量部に対して前記縮合りん酸カルシウム換算で1〜50質量部含有することを特徴とする防食塗料組成物。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大日本塗料株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT