振動発電装置および台車健全性監視装置

開放特許情報番号
L2016000300
開放特許情報登録日
2016/2/25
最新更新日
2016/2/25

基本情報

出願番号 特願2014-083730
出願日 2014/4/15
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2015-204713
公開日 2015/11/16
発明の名称 振動発電装置および台車健全性監視装置
技術分野 電気・電子、輸送
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 振動発電装置、台車健全性監視装置
目的 効率よく発電できるとともにコンパクトな振動発電装置およびこの振動発電装置を備える台車健全性監視装置を提供する。
効果 圧電素子を有する板部がたわみ振動によって発電を行うことにより、鉄道車両の走行に伴って生じる振動を利用して効率よく発電を行うことができる。
また、形状、重量ともにコンパクトな形状とすることができて、設置スペースが小さい場合でも所望の部位に設置することができる。
また、メンテナンスを容易に行うことができるとともに、故障や不具合が生じることが少なく、耐久性を高めることができる。
また、センサへ電源を供給するための電源線を無くすまたは少なくすることができる。
技術概要
鉄道車両に設置される振動発電装置において、
圧電素子を有する長尺の板部と、
前記鉄道車両に固定されて前記板部を該板部の板面に直交する方向へのたわみを許容するように支持する支持部と、を備え、
前記板部は、たわみ振動によって発電を行うことを特徴とする振動発電装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT