電気車用電源システム及び電力供給制御方法

開放特許情報番号
L2016000296
開放特許情報登録日
2016/2/25
最新更新日
2016/2/25

基本情報

出願番号 特願2014-086198
出願日 2014/4/18
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2015-208076
公開日 2015/11/19
発明の名称 電気車用電源システム及び電力供給制御方法
技術分野 輸送
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 電気車用電源システム
目的 交流区間を走行可能な電気車の架線・ハイブリッド化を可能とする。
効果 架線モードにおいて、遮断器が閉状態の場合には、バッテリが直流リンク部に接続された状態となり、架線からの供給電力によるバッテリの充電が可能となるとともに、バッテリの出力電力を第2インバータ部に供給することが可能となる。
電気車の停車時に、第2コンバータ部によって、架線からの供給電力をもとにバッテリの充電を行うことができる。
技術概要
架線からの交流電力をもとに走行する架線モードと、バッテリの出力電力をもとに走行するバッテリモードとを切り替え可能な電気車用電源システムであって、
第1接触器を介して主変圧器の二次巻線に接続された第1コンバータ部及び第1インバータ部を有し、主電動機を駆動する電力を供給する主変換回路と、前記主変圧器の三次巻線に接続された第2コンバータ部及び第2インバータ部を有し、補機に電力を供給する補機用変換回路と、制御装置と、を備え、
前記バッテリは、前記補機用変換回路の直流リンク部に接続されているとともに、第2接触器及びリアクトルを介して前記第1コンバータ部の入力端に接続され、
前記制御装置は、前記第1接触器を投入するとともに前記第2接触器を開放し、前記第1コンバータ部を整流動作させることで、前記架線モードに切り替える架線モード切替手段と、前記第1接触器を開放するとともに前記第2接触器を投入して前記リアクトルを前記第1コンバータ部に接続させ、前記第1コンバータ部をチョッパ動作させることで、前記バッテリモードに切り替えるバッテリモード切替手段と、を有する、電気車用電源システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT