車輪内面距離測定軌道

開放特許情報番号
L2016000295
開放特許情報登録日
2016/2/25
最新更新日
2016/2/25

基本情報

出願番号 特願2014-090576
出願日 2014/4/24
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2015-209037
公開日 2015/11/24
発明の名称 車輪内面距離測定軌道
技術分野 輸送、情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 車輪内面距離測定軌道
目的 簡単な構造で測定効率を向上させることで、測定にかかる手間や時間を短縮することができる車輪内面距離測定軌道を提供すること。
効果 予め拡大軌道部及び縮小軌道部の走行レールを実際の分岐等の最も厳しい条件に設定しておくことで、その際の車輪の内面距離と負荷横圧を確認することができる。
特殊な治具が不要になるとともに、測定尺等の必要もないので、測定にかかる手間や時間を短縮することができ、効率よく測定することができる。
また、拡大軌道部の内側と縮小軌道部の外側には、それぞれ走行レールに沿ってガイドレールが配置されているので、車輪が走行レールより脱落するのを防止することができる。
技術概要
鉄道車両の車輪の内面距離を測定するための車輪内面距離測定軌道であって、
軌間を拡大させた拡大軌道部、及び縮小させた縮小軌道部が連続的に配置された走行レールと、前記拡大軌道部に沿う軌間方向で軌間内側、及び前記縮小軌道部に沿う軌間方向で軌間外側に設けられたガイドレールと、
前記走行レールの前記拡大軌道部及び縮小軌道部を転動する前記車輪の軌間方向の変位を非接触で測定する車輪変位測定部と、車輪の軌間方向にかかる負荷横圧を測定する負荷横圧測定部と、を備えていることを特徴とする車輪内面距離測定軌道。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT