ハンマー加振による伝播特性を利用した列車振動予測方法

開放特許情報番号
L2016000293
開放特許情報登録日
2016/2/25
最新更新日
2016/2/25

基本情報

出願番号 特願2014-091282
出願日 2014/4/25
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2015-210162
公開日 2015/11/24
発明の名称 ハンマー加振による伝播特性を利用した列車振動予測方法
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 ハンマー加振による伝播特性を利用した列車振動の予測方法
目的 ハンマー加振による伝播特性を利用した列車振動予測を行うことにより、観測値を利用した経験的な列車振動の予測方法を提供する。
効果 列車振動予測方法は、観測値を利用した経験的な手法であるため、従来の手法よりも計測対象地点における予測精度を大幅に向上させることができる。
技術概要
複数の線路構造物直下の観測結果から列車の振動源スペクトルを経験的に定義した上で、振動源から予測地点までの伝播特性をハンマー加振により観測される表面波を用いて算出し、予測地点での振動値を予測することを特徴とするハンマー加振による伝播特性を利用した列車振動予測方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT