列車制御システムの設計方法および設計用シミュレータ

開放特許情報番号
L2016000289
開放特許情報登録日
2016/2/25
最新更新日
2016/2/25

基本情報

出願番号 特願2014-122071
出願日 2014/6/13
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2016-002777
公開日 2016/1/12
発明の名称 列車制御システムの設計方法および設計用シミュレータ
技術分野 輸送
機能 制御・ソフトウェア、安全・福祉対策
適用製品 列車制御システムの設計方法および設計用シミュレータ
目的 設計・開発の早期段階において最適設計を実現させ、設計・開発期間の短期化を図ることができる列車制御システムの設計方法および列車制御システムの設計のための設計シミュレータを提供する。
効果 列車制御システムを統計モデルで表現することで、実質的な安全余裕をシミュレーションにより明確にし、設計・開発の早期段階において、最適設計を実現させること、および設計・開発期間の短期化を図ることができる。
また、安全性・アベイラビリティの議論をより定量的に行うことが可能となる。そして、設計・開発の手戻りが減ることで、設計・開発期間の短期化が期待できる。さらに、列車制御システムを統計モデルにより抽象化することが、統計モデルや要素技術の再利用性を高め、設計・開発期間の短期化に貢献しうる。
技術概要
列車制御システムを統計モデルで表現し、その統計モデルを用いて設計パラメータを入力してシミュレーションを行い、位置推定等の誤差を時系列フィルタにより分析して確率分布を取得し、得られた確率分布が要件を満たすかを検証し、設計パラメータを変更しながらシミュレーションと検証を繰り返して、確率分布が要件を満たしたときに設計パラメータを決定することを特徴とする列車制御システムの設計方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT