磁気浮上式鉄道の地上コイル位置測定システム及び磁気浮上式鉄道の地上コイル位置測定方法

開放特許情報番号
L2016000273
開放特許情報登録日
2016/2/25
最新更新日
2016/2/25

基本情報

出願番号 特願2014-062350
出願日 2014/3/25
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2015-186385
公開日 2015/10/22
発明の名称 磁気浮上式鉄道の地上コイル位置測定システム及び磁気浮上式鉄道の地上コイル位置測定方法
技術分野 土木・建築、輸送
機能 検査・検出
適用製品 磁気浮上式鉄道の地上コイル位置測定システム及び磁気浮上式鉄道の地上コイル位置測定方法
目的 地上コイルの位置の測定のコストを低減させ、かつリアルタイムに地上コイルの位置の測定を行える磁気浮上式鉄道の地上コイル位置測定システムを提供する。
効果 本発明は、車両に搭載される超電導コイルが格納される外槽の外側表面に対し、磁界測定回路を設けているため、超電導コイルと地上コイルとの間の磁界を検出することが、通常運行の一般の車両によって簡易に行うことができる。したがって、本発明によれば、従来のように測定車を使用することなく、地上コイルの磁界強度の測定ができるため、従来に比較して地上コイルの位置の測定のコストを低減させ、かつリアルタイムに地上コイルの位置の測定を行うことができる。
技術概要
磁気浮上式鉄道の軌道に沿って配置される、走行に必要な磁界を列車の超電導コイルに対して与える地上コイルの配置位置の評価を行う磁気浮上式鉄道の地上コイル位置測定システムであり、
前記列車の車両の左右両側の各々における前記超電導コイルが格納された外槽の外側表面に設けられ、上下2段に当該超電導コイルと前記地上コイルとの間の磁束の変化及び磁界強度を測定する誘起電圧測定回路が配置された磁界測定回路シートと、
上下2段の前記誘起電圧測定回路各々の測定値に基づき、前記地上コイルの配置位置の評価値を、予め設定された演算により算出する演算部と
を備えることを特徴とする磁気浮上式鉄道の地上コイル位置測定システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT