発電システム

開放特許情報番号
L2016000266
開放特許情報登録日
2016/2/19
最新更新日
2017/7/27

基本情報

出願番号 特願2015-229789
出願日 2015/11/25
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2017-096185
公開日 2017/6/1
発明の名称 発電システム
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 発電システム
目的 蒸発器の熱バランスを調整することでランキンサイクルによる発電の効率を向上させた発電システムの提供。
効果 蒸発器として3つの熱交換器に分割された第1熱交換器3−1、第2熱交換器3−2、第3熱交換器3−3により、各熱交換器での作動媒体F、F1及びF2と熱源である第2流体f2との温度差を小さくするよう蒸発器の熱バランスを調整することができる。
それぞれの作動媒体の流量調整を容易として、熱源について効率良く利用出来て、結果としてランキンサイクルによる発電の効率を向上させることが出来る。
膨張機から動力を取り出す他の装置を用いて熱利用システムとすることもできる。
技術概要
少なくとも凝縮器1、送液ポンプ2、蒸発器3−1,3−2,3−3、及び、発電機8に接続される膨張機の順にこれらに作動媒体を循環させるランキンサイクルによる発電システム10である。蒸発器は、熱源である高温媒体の流路に沿ってこの順に並ぶ第1熱交換器3−1、第2熱交換器3−2及び第3熱交換器3−3を含み、膨張機は発電機8に接続された第1膨張機7−1及び第2膨張機7−2を含み、作動媒体は、送液ポンプで第3熱交換器に送られて熱交換後、第1熱交換器及び第2熱交換器に分岐して導かれて蒸発し、それぞれ第1膨張機及び第2膨張機に導かれて発電機を駆動させることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT