非水電解質電池もしくはキャパシタ用外包材

開放特許情報番号
L2016000253
開放特許情報登録日
2016/2/17
最新更新日
2016/2/17

基本情報

出願番号 特願2010-286141
出願日 2010/12/22
出願人 大倉工業株式会社
公開番号 特開2012-134049
公開日 2012/7/12
登録番号 特許第5690577号
特許権者 大倉工業株式会社
発明の名称 非水電解質電池もしくはキャパシタ用外包材
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 基材層、バリア層、接着層、シーラント層を基本構成とする非水電解質電池もしくはキャパシタ用外包材
目的 車載用電池の外包材として適した、耐寒性、耐熱性を有する非水電解質電池もしくはキャパシタ用外包材の提供。
効果 本発明の電池用外包材は、接着層およびシーラント層がポリエチレン系樹脂からなり、−20〜―10℃の低温雰囲気下においても良好なシール強度を発揮し、耐寒性を有す。また60〜70℃の高温雰囲気下においても良好なシール強度を維持し、耐熱性を有する。
電解質が非水系の有機電解質からなる真正ポリマー電解質電池やゲルポリマー電解質電池等の外包材や、キャパシタの外包材として利用することができる。
技術概要
基材層、バリア層、接着層およびシーラント層が順次積層された外包材において、接着層および前記シーラント層が、共にMFRが2.0g/10min以上、6.0g/10min以下であるポリエチレン系樹脂からなる非水電解質電池もしくはキャパシタ用外包材が提供され、
更に接着層およびシーラント層が、共に融点が95℃以上の樹脂からなる非水電解質電池もしくはキャパシタ用外包材が提供され、
更に接着層が酸変性ポリエチレンからなる非水電解質電池もしくはキャパシタ用外包材が提供され、
更にシーラント層が直鎖状低密度ポリエチレンからなる非水電解質電池もしくはキャパシタ用外包材が提供される。
尚、本発明にいうMFR(メルトマスフローレイト)はJIS K7210に基づき、試験温度190℃、公称荷重2.16kgにて測定した値である。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大倉工業株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT