非水電解質電池用外包材および自動車の動力源として用いる非水電解質電池の外包材

開放特許情報番号
L2016000252
開放特許情報登録日
2016/2/17
最新更新日
2016/2/17

基本情報

出願番号 特願2011-272984
出願日 2011/12/14
出願人 大倉工業株式会社
公開番号 特開2013-125623
公開日 2013/6/24
登録番号 特許第5801701号
特許権者 大倉工業株式会社
発明の名称 非水電解質電池用外包材および自動車の動力源として用いる非水電解質電池の外包材
技術分野 電気・電子、機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 基材層、バリア層、接着層、シーラント層を基本構成とする非水電解質電池用外包材
目的 自動車の動力源として用いる電池の外包材に適した、耐寒性、耐熱性を有する非水電解質電池用外包材を提供すること。
効果 接着層およびシーラント層がエチレン系樹脂からなるため、−20〜−10℃の低温雰囲気下においても柔軟性を失わず、十分なシール強度を有する。
また、本発明の外包材は60〜70℃の高温雰囲気下において接着層やシーラント層の一部が軟化しても、該軟化部分は剥離しにくく、耐熱性を発揮する。
技術概要
(1)基材層、バリア層、接着層、シーラント層が順次積層された非水電解質電池用外包材において、前記接着層および前記シーラント層が、共に試験温度190℃、せん断速度100/sにおける溶融粘度が1000〜1300Pa・sであるエチレン系樹脂からなることを特徴とする非水電解質電池用外包材が提供され、
(2)前記接着層および前記シーラント層が、共に融点が95℃以上の樹脂からなることを特徴とする(1)記載の非水電解質電池用外包材が提供され、
(3)(1)または(2)からなる非水電解質電池用外包材であって、自動車の動力源として用いる非水電解質電池の外包材が提供される。

尚、本発明の溶融粘度はJIS K7199に基づき、試験温度190℃、せん断速度100/sにて測定した見掛けの粘度である。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大倉工業株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT