薬剤徐放性付与用担体

開放特許情報番号
L2016000243
開放特許情報登録日
2016/2/16
最新更新日
2016/2/16

基本情報

出願番号 特願2014-100044
出願日 2014/5/14
出願人 国立大学法人九州工業大学
公開番号 特開2015-218108
公開日 2015/12/7
発明の名称 薬剤徐放性付与用担体
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造、検査・検出
適用製品 薬剤徐放性付与用担体
目的 接着剤として、例えば、骨の接合に用いることができ、これにより骨の接合部近傍にのみ、抗生物質、抗がん剤、抗ウイルス剤等の薬剤の効果を長期間発揮することができる生体適合性に優れる薬剤徐放性付与用担体の提供。
効果 本発明に係る薬剤徐放性付与用担体は、所定の複数のモノマーを重合してなるため、薬剤徐放性付与用担体として好ましく、また、生体適合性に優れる。
技術概要
カテコール誘導体である式(1)などのモノマーとそのフェノール誘導体であるモノマーなどを重合してなる薬剤徐放性付与用担体、および該薬剤徐放性付与用担体に長鎖アルキル基を導入した担体。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT