ジメチルアミノエチルメタクリレート含有共重合体の定量法

開放特許情報番号
L2016000240
開放特許情報登録日
2016/2/16
最新更新日
2016/2/16

基本情報

出願番号 特願2009-241832
出願日 2009/10/20
出願人 杏林製薬株式会社
公開番号 特開2011-089811
公開日 2011/5/6
登録番号 特許第5372696号
特許権者 杏林製薬株式会社
発明の名称 ジメチルアミノエチルメタクリレート含有共重合体の定量法
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 ジメチルアミノエチルメタクリレート含有共重合体の定量方法
目的 製剤中のジメチルアミノエチルメタクリレート含有共重合体を、溶出前処理で使用する試薬に影響されず、かつ簡便に行うことができる定量方法を確立する。
効果 製剤中のジメチルアミノエチルメタクリレート含有共重合体を、簡便な方法で正確に定量できる。ジメチルアミノエチルメタクリレート含有共重合体を単独に定量することもでき、また、製剤中に含有する薬物を同時に定量することもでき、医薬製剤分析において有用な技術である。
技術概要
ジメチルアミノエチルメタクリレート含有共重合体を含有する製剤を、界面活性剤とアルキルアミン誘導体を含有する抽出溶媒で溶解させ、抽出成分を乾燥後、d−トリフルオロ酢酸を含有するd6−アセトンで溶解して、1H−NMRを測定することにより定量する。
リサーチツールの分類 方法・プロセス、その他
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 杏林製薬株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT