ひずみゲージ接着補助フィルム及びひずみゲージ接着方法

開放特許情報番号
L2016000183
開放特許情報登録日
2016/2/4
最新更新日
2016/2/4

基本情報

出願番号 特願2012-287643
出願日 2012/12/28
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2014-129459
公開日 2014/7/10
発明の名称 ひずみゲージ接着補助フィルム及びひずみゲージ接着方法
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 容易かつ精確に測定対象物にひずみゲージを接着することができるもの
目的 容易かつ精確に測定対象物にひずみゲージを接着することができるひずみゲージ接着補助フィルム及びひずみゲージ接着方法を提供すること。
効果 容易かつ精確に測定対象物にひずみゲージを接着することができるひずみゲージ接着補助フィルム及びひずみゲージ接着方法を提供することができる。
技術概要
本発明のひずみゲージ接着補助フィルムは、ひずみゲージの表面に剥離可能に貼付され実質的に透明な材料によって形成されたひずみゲージ接着補助フィルムであって、前記ひずみゲージ接着補助フィルムは、前記ひずみゲージの外形よりも外側に張り出した張出部を有し、前記張出部には前記ひずみゲージを測定対象物に接着する際の位置決めに用いられる指標が表示されることを特徴とする。これによれば、ひずみゲージ接着補助フィルムの指標に対応する指標を測定対象物に罫書き、マーキング等によって表示させるとともに、これらの指標が一致するようにひずみゲージを測定対象物に当接させることによって、ひずみゲージの位置決めを精確に行うことができる。その後、ひずみゲージ接着補助フィルムの表面からひずみゲージを押圧して測定対象物に圧着させることによって、ひずみゲージを測定対象物に強固に接着させてから、ひずみゲージ接着補助フィルムはひずみゲージから剥離され、除去される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT