LED駆動回路及びLED照明灯具

開放特許情報番号
L2016000136
開放特許情報登録日
2016/1/29
最新更新日
2016/1/29

基本情報

出願番号 特願2011-099534
出願日 2011/4/27
出願人 シャープ株式会社
公開番号 特開2012-230858
公開日 2012/11/22
登録番号 特許第5331154号
特許権者 シャープ株式会社
発明の名称 LED駆動回路及びLED照明灯具
技術分野 電気・電子
機能 検査・検出、制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 LED駆動回路及びLED照明灯具
目的 位相制御式調光器の電流保持部(例えばトライアック等)が交流電圧同一半周期内で共振現象によりオフになることを抑え、LEDのちらつきを抑えることができるLED駆動回路及びLED照明灯具を提供する。
効果 LEDのちらつき発生を抑えることができる。
LED電流を制御すれば、トライアックTriがオフとなることを防止できる。
本発明に係るLED駆動回路とLED負荷とを有するLED照明灯具としては、例えば、LED電球などが挙げられる。
技術概要
位相制御式調光器を介して交流電源と接続可能であってLED負荷を駆動するLED駆動回路において、
前記位相制御式調光器が有する電流保持部がオンとなったときに前記位相制御式調光器が有する調光器容量成分と調光器インダクタンス成分により発生する共振現象のエネルギを消費する放電部を備え、
前記放電部が有する放電部抵抗成分と放電部容量成分、及び前記調光器インダクタンス成分は、(1)式を満たし、
RD↑2−4×LLC/CD≧0(1)
但し、RD:前記放電部抵抗成分の抵抗値(Ω)、LLC:前記調光器インダクタンス成分のインダクタンス値(μH)、CD:前記放電部容量成分の容量値(μF)
入力電流の大小に応じて前記放電部が有する放電部抵抗成分のバイパス機能のオンオフを切替える切替制御部を更に備えることを特徴とするLED駆動回路。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 シャープ株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT