電磁波吸収遮蔽体及びその製造方法

開放特許情報番号
L2016000130
開放特許情報登録日
2016/1/28
最新更新日
2018/8/23

基本情報

出願番号 特願2017-546473
出願日 2016/9/30
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 WO2017/068931
公開日 2017/4/27
発明の名称 電磁波吸収遮蔽体及びその製造方法
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 電磁波吸収遮蔽体、製造方法
目的 従来の電磁波吸収遮蔽体の課題である、金属板等の導電体を使用することによる重量の増大、黒鉛の粒子分散性の難しさに起因する均一性の問題などを解決し、更に低周波域から高周波域まで広帯域の電磁波を効率良く吸収遮蔽できる電磁波吸収遮蔽体及びその製造方法を提供すること。
効果 金属板を使用することによる重量の増大、黒鉛の粒子分散性の難しさに起因する均一性の問題を解決し、更に低周波域から高周波域まで従来に比べて広帯域の電磁波を効率良く吸収遮蔽できる。
技術概要
本発明の電磁波吸収遮蔽体の製造方法は、成膜用基板に対して化学的気相成長法を適用して、前記成膜用基板上に炭素を含む電磁波吸収遮蔽特性を有する固体薄膜を形成する薄膜形成工程と、前記薄膜形成工程により前記成膜用基板上に形成された前記固体薄膜を、支持体上に転写する転写工程と、を含むことを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT