複合酸化物、黄色顔料、及び複合酸化物の製造方法

開放特許情報番号
L2016000128
開放特許情報登録日
2016/1/28
最新更新日
2017/6/27

基本情報

出願番号 特願2015-206229
出願日 2015/10/20
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2017-077990
公開日 2017/4/27
発明の名称 複合酸化物、黄色顔料、及び複合酸化物の製造方法
技術分野 化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 複合酸化物、黄色顔料、及び複合酸化物の製造方法
目的 比較的安価に生産できる黄色顔料を提供する。
効果 本発明の複合酸化物は、鮮明な黄色を示しながら耐熱性を有し、生物に対して有害な元素を含まず、比較的安価に生産できるという優れた特性を有する。
また、本発明の黄色顔料は、例えば、絵具、塗料、樹脂等の着色剤として用いることができるとともに、安価な原料を用いて黄色着色物の製造を可能にするなど工業的に極めて有用である。
また、本発明の複合酸化物の製造方法によれば、複合酸化物を比較的安価に生産できる。
技術概要
本発明の複合酸化物は、x Bi(Mg↓(0.5),Ti↓(0.5))O↓3−(1-x)CaTiO↓3 からなる。一般式中、xは、0.3≦x≦0.9を満たす。本発明は、生物に対して毒性の少ない酸化ビスマス、酸化カルシウム、酸化チタニウム、及び酸化マグネシウムから構成された複合酸化物である。本発明によれば、樹脂、絵具、ゴム、紙、インクなどの黄色着色物の製造を可能にする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT