微気圧波低減装置及びその装置を用いたトンネル構造

開放特許情報番号
L2016000090
開放特許情報登録日
2016/1/21
最新更新日
2016/10/27

基本情報

出願番号 特願2013-032040
出願日 2013/2/21
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2014-163042
公開日 2014/9/8
登録番号 特許第5997629号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 微気圧波低減装置及びその装置を用いたトンネル構造
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 微気圧波低減装置及びその微気圧波低減装置を用いたトンネル構造
目的 装置内の圧力が高くなることがなく、しかも、長さを短くすることのできる微気圧波低減装置及びその装置を用いたトンネル構造を提供する。
効果 本発明の微気圧波低減装置によれば、圧縮波の圧力の傾きを小さくすることができ、これにより微気圧波が低減され、坑口周囲での破裂的な空気音の発生が防止される。
しかも、通路内の圧力は高くならず、装置の簡易化を図ることができる。
また、トンネルの中央通路箇所に設けることができるので、坑口周囲での破裂的な空気音の発生を効果的に防止することができる。
技術概要
トンネルに列車が突入したときに生成される圧縮波の一部を取り込むように開口した入口部と、
前記入口部から取り込まれた圧縮波を通過させる通路と、
前記通路を通過してきた圧縮波を前記トンネル内に再び放出する出口部と、
前記通路の長さを前記入口部及び出口部を結ぶ直線距離よりも長くする隔壁と、
を有することを特徴とする微気圧波低減装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT