緊急時の脱出と低コストのセキュリティ機能を備えた面格子付き窓建具

開放特許情報番号
L2016000083
開放特許情報登録日
2016/1/19
最新更新日
2016/1/19

基本情報

出願番号 特願2009-206569
出願日 2009/9/8
出願人 上甲 哲丈
公開番号 特開2011-058191
公開日 2011/3/24
登録番号 特許第4636202号
特許権者 上甲 哲丈
発明の名称 窓建具
技術分野 機械・加工、土木・建築、生活・文化
機能 機械・部品の製造、安全・福祉対策
適用製品 防犯機能を備えた住宅等の窓建具
目的 住宅等の窓を開閉する窓建具において、防犯のために外側に面格子を設置し、緊急時には中から脱出可能にした構成の窓建具を低コストで提供する。
効果 面格子は窓の片側のみ固定面格子を設置し、緊急時には面格子が設置されない側のガラス戸を開くことで外へ脱出できる。また面格子が設置されない側のガラス戸を外側から解除できないよう内側からロックすることで外部からの侵入を阻止する。さらに面格子側のガラス戸を開けることでロック部材が覆われ、防犯効果が高まる。また面格子側のガラス戸を開けると外部の侵入を防ぎながら空気の入替が可能になる。また既存の窓建具に対しても片側固定面格子とロック部材を追加するだけで同じ効果が得られる
技術概要
 
図1の窓建具1は、建物の窓開口部に設置された窓枠30と、窓枠30に対してスライド可能に設置された第一ガラス戸21及び第二ガラス戸22と、第一ガラス戸21及び第二ガラス戸22が閉じられた状態で、第一ガラス戸21の外側だけに設置された固定の片側面格子10と、第二ガラス戸22を閉じた状態で、第二ガラス戸のみを窓枠30に対して固定するための、図2の引き戸ロック部材40とを備える。引き戸ロック部材40は、外部からアクセスできないよう第二ガラス戸22を引き戸ロック部材40で固定した状態で、第一ガラス戸21を開いたとき、引き戸ロック部材40が第一ガラス戸21で覆われる位置に設置する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
対価条件(一時金) 【要】要相談
希望譲渡先(国内) 【可】 
特許権実施許諾 【可】
対価条件(一時金) 【要】 
対価条件(ランニング) 【不要】 
希望譲渡先(国内) 【可】 

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 緊急時脱出可能
改善効果2 防犯性を高める
改善効果3 効果1,2を低コストで実現

登録者情報

技術供与

ノウハウ提供レベル
量産仕様の提供 【可】
技術指導 【否】
技術指導料 【不要】 
コンサルティング 【否】
コンサルティング料 【不要】 

事業化情報

事業化条件
特別資格 【不要】 
ポテンシャル 【不要】 
マーケット情報 【無】 
質的条件
事業化実績 【無】 
その他情報 【不要】 

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT