鉄道列車の最適停止判定方法及びその運転士支援システム

開放特許情報番号
L2016000070
開放特許情報登録日
2016/1/14
最新更新日
2017/2/17

基本情報

出願番号 特願2013-069639
出願日 2013/3/28
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2014-193098
公開日 2014/10/6
登録番号 特許第6067454号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 鉄道列車の最適停止判定についての運転士支援方法
技術分野 輸送
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 鉄道列車の最適停止判定方法及びその運転士支援システム
目的 前方に障害物を発見したとき、脱線など車内で問題が発生したときなど非常停止が求められる際に、停止後の地点に応じたリスクを勘案して、最適な停止位置を判定する鉄道列車の最適停止判定方法及びその運転士支援システムを提供すること。
効果 非常時に最も安全な停止位置を判定することができ、鉄道列車の運転士にその情報の呈示を行うことができる。
技術概要
鉄道列車の最適停止判定方法において、鉄道列車の停止後の地点に応じたリスクと、鉄道列車が衝撃したり脱線したりするリスクとを加算した総合リスクを算出し、次駅までの間で前記総合リスクが最小になる地点を最適な停止位置と判定することを特徴とする。
鉄道列車の最適停止判定についての運転士支援システムにおいて、走行速度に関する情報と、走行位置に関する情報と、地点リスクに関する情報と、衝撃脱線リスクに関する情報とに基づいた、最適停止位置判定部を備え、この停止位置への鉄道列車の最適制動時期と最適制動強度とを決定し、前記最適制動時期と前記最適制動強度との運転士への情報表示部を具備することを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT