鋼管の曲げ加工法

開放特許情報番号
L2016000025
開放特許情報登録日
2016/1/7
最新更新日
2016/1/7

基本情報

出願番号 特願2010-289082
出願日 2010/12/27
出願人 日新製鋼株式会社
公開番号 特開2012-135786
公開日 2012/7/19
登録番号 特許第5525434号
特許権者 日新製鋼株式会社
発明の名称 鋼管の曲げ加工法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 自動車などの輸送機器や機械部品、建設等の構造用途に供せられる鋼管の曲げ加工法に関するもの
目的 回転引き曲げ加工法を用いて薄肉鋼管の曲げ加工を行う際、曲げ加工部にしわや偏平が起こらず、しかも効率よく曲げ加工を行うことが可能な方法を提供する。
効果 曲げ加工時に被加工材料の変形が進行する部位である曲げ起点(曲げ角度0°)から曲げ角度5°<θ≦45°の範囲の鋼管曲げ部にのみ水圧を加えた状態で曲げ加工を行うことができる。
また、鋼管内に水を充填する時間を短くすることができ、生産性良く鋼管を曲げ加工することができる。
技術概要
本発明の鋼管の曲げ加工法は、その目的を達成するため、鋼管内に非圧縮性流体を圧入し、流体圧を負荷した状態で鋼管を曲げる回転引き曲げ加工法であって、被加工鋼管の曲げ起点を0°とした時に曲げ角度5°<θ≦45°の範囲の鋼管曲げ部にのみ前記流体圧を負荷した状態で曲げ加工を行うことを特徴とする。
第一の封止部材と、当該第一の封止部材と連結部材を介して連設された第二の封止部材を有する封止装置を用い、前記第一の封止部材を被加工鋼管の曲げ起点に位置させたとき、第二の封止部材を曲げ起点から曲げ角度5°<θ≦45°の範囲に位置するようにして鋼管の曲げ加工を行うことが好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 日新製鋼株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT