めっき鋼板の曲げ加工方法

開放特許情報番号
L2016000016
開放特許情報登録日
2016/1/7
最新更新日
2016/1/7

基本情報

出願番号 特願2003-168981
出願日 2003/6/13
出願人 日新製鋼株式会社
公開番号 特開2005-000970
公開日 2005/1/6
登録番号 特許第4388764号
特許権者 日新製鋼株式会社
発明の名称 めっき鋼板の曲げ加工方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 めっき鋼板のフランジ曲げ加工方法
目的 剪断加工が施されためっき鋼板の端部に90°未満の角度のフランジ曲げ加工を施す際に、端面に糸状のめっき屑を発生させることのない曲げ加工方法を提供する。
効果 これまでめっき屑の発生防止が困難であった、板厚に対して極めて短い曲げフランジの場合の加工であっても、パンチストロークを調整するだけで、糸状のめっき屑を発生させることなく、めっき鋼板端部に90°未満の角度のフランジ曲げ加工を施すことができる。このため、家電部品,車体部品,建材部品等に用いるめっき鋼板切断端面のフランジ曲げ加工が生産性良く行えるようになる。さらに、使用者も切断端面により傷付けられたり、切断端面に衣服が引っ掛かったりすることがなくなるので、めっき鋼板を用いた製品を安心して使用することができる。
技術概要
ダイ上に載置しためっき鋼板を板押さえで押さえた状態で、ダイ端部から出されている鋼板端部を上方からパンチで押圧することにより、板厚の3倍以下の短い端部を下方に折り曲げるスライド曲げ加工を行う際に、ダイとパンチの間隔を加工するめっき鋼板の板厚よりも狭くして、上方からパンチで押圧することにより90°未満の角度の曲げ加工を行うことを特徴とするめっき鋼板の曲げ加工方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 日新製鋼株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT