土圧低減による斜角橋台の耐震補強方法

開放特許情報番号
L2015002080
開放特許情報登録日
2015/12/29
最新更新日
2015/12/29

基本情報

出願番号 特願2013-188391
出願日 2013/9/11
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2015-055083
公開日 2015/3/23
発明の名称 土圧低減による斜角橋台の耐震補強方法
技術分野 土木・建築
機能 検査・検出、材料・素材の製造
適用製品 土圧低減による斜角橋台の耐震補強方法
目的 抗土圧橋台に対して地震時に作用する土圧を、比較的簡易な方法で軽減させる技術を提供すること。
効果 図9(2)に示すように、背面併設改良体群25により抗土圧橋台10の背面に連続壁面が形成されることで、隙間への土砂の流入を防ぎ、抗土圧橋台10が元の位置に復元できる。
技術概要
鉄道用の橋2の抗土圧橋台10の背面盛土6に対して、軌道5の両側に、軌道方向に沿って盛土を上下に貫く複数の盛土改良体20を所定間隔で配列して軌道併設改良体群21を造成する。そして、盛土改良体20の頭部を連結体23で一体に剛結する。軌道5に沿って生じる地震時土圧Fに対して軌道併設改良体群21が面状に抵抗することで地震時土圧Fを低減する。相対的に、抗土圧橋台10自体を補強しなくとも、橋2の耐震性を向上させることができる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT