劣化状態評価装置、劣化状態評価方法及び劣化状態評価プログラム

開放特許情報番号
L2015002076
開放特許情報登録日
2015/12/29
最新更新日
2017/2/17

基本情報

出願番号 特願2013-191622
出願日 2013/9/17
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2015-059745
公開日 2015/3/30
登録番号 特許第6061393号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 劣化状態評価装置、劣化状態評価方法及び劣化状態評価プログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 被塗装物の表面に塗膜を有する評価対象物の劣化状態を評価する劣化状態評価装置、劣化状態評価方法及び劣化状態評価プログラム
目的 被塗装部の腐食や塗膜の減耗による劣化状態を非破壊で簡単に評価することができる劣化状態評価装置、劣化状態評価方法及び劣化状態評価プログラムを提供する。
効果 被塗装部の腐食や塗膜の減耗による劣化状態を非破壊で簡単に評価することができる。
技術概要
評価対象物3Aは、さびが完全に除去された被塗装部の表面に塗膜を有する実構造物1を模擬した試験片である。評価対象物3Bは、さびが完全に除去されていない被塗装部の表面に塗膜を有する実構造物1を模擬した試験片である。評価対象物3A,3Bは、実構造物1の塗り替え時に被塗装部の表面に塗膜を形成し、この実構造物1と同一環境下に所定時間配置される。劣化状態評価装置6は、評価対象物3A,3Bの劣化状態を評価する。質量変化量演算部6cは、評価対象物3A,3Bの質量の時間変化を表す質量変化量を演算する。劣化状態評価部6fは、質量変化量演算部6cの演算結果に基づいて、評価対象物3A,3Bの劣化状態を評価する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT