異性化反応制御方法、及び異性体製造方法

開放特許情報番号
L2015002022
開放特許情報登録日
2015/12/21
最新更新日
2015/12/21

基本情報

出願番号 特願2013-172953
出願日 2013/8/23
出願人 公立大学法人首都大学東京
公開番号 特開2015-040198
公開日 2015/3/2
発明の名称 異性化反応制御方法、及び異性体製造方法
技術分野 有機材料、情報・通信
機能 材料・素材の製造、検査・検出
適用製品 異性化反応制御方法、及び異性体製造方法
目的 無機化合物とイオン性分子との静電相互作用を利用して、所望の異性体を高収率で得ることができる異性化反応制御方法、及び異性体製造方法を提供する。
効果 無機化合物とイオン性分子との静電相互作用を利用して、所望の異性体を高収率で得ることができる異性化反応制御方法、及び異性体製造方法を提供できる。
技術概要
異性化反応制御方法は、複数の第1電荷を含むと共に互いに隣接する複数の第1電荷が予め定められた間隔で表面近傍に配列している無機層状化合物1の面上に、複数の第1電荷と引き合う複数の第2電荷を含み、複数の異性体を有する多価イオン性分子2を接触させ、第1電荷と第2電荷との静電相互作用により一の異性体から他の異性体への異性化反応の加減速を制御する異性化反応制御工程を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT