Nb−W酸化物触媒の製造方法、Nb−W酸化物触媒

開放特許情報番号
L2015002000
開放特許情報登録日
2015/12/16
最新更新日
2016/11/25

基本情報

出願番号 特願2013-539548
出願日 2012/4/19
出願人 学校法人 工学院大学
公開番号 WO2013/057976
公開日 2013/4/25
登録番号 特許第6014830号
特許権者 学校法人 工学院大学
発明の名称 Nb−W酸化物触媒の製造方法、Nb−W酸化物触媒
技術分野 機械・加工、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 Nb−W酸化物触媒の製造方法
目的 再利用が容易であり且つ再利用を繰り返しても活性が低下しにくいNb−W酸化物触媒の製造方法を提供する。
効果 再利用が容易であり且つ再利用を繰り返しても活性が低下しにくいNb−W酸化物触媒が製造可能である。
技術概要
(1)アンモニウムニオブオキサレートとタングステン酸アンモニウムを130〜210℃で水熱合成し、
(2)得られた生成物を水又は酸水溶液中で20〜120℃で攪拌処理し、
(3)前記工程(2)の後の混合液から減圧又は加圧濾過によって固形分を取得し、
(4)前記固形分を不活性ガス又は還元性ガス雰囲気下で300〜500℃で焼成する工程を備える、Nb−W酸化物触媒の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT