害虫の殺虫方法

開放特許情報番号
L2015001991
開放特許情報登録日
2015/12/15
最新更新日
2015/12/15

基本情報

出願番号 特願2013-192230
出願日 2013/9/17
出願人 国立大学法人宇都宮大学
公開番号 特開2015-057960
公開日 2015/3/30
発明の名称 害虫の殺虫方法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、加圧・減圧
適用製品 害虫の殺虫方法
目的 相対的に硬い農作物だけでなく、生育中の植物や相対的に軟らかい農作物の表面に付いた害虫及び内部に潜り込んでいる害虫を殺虫することができる害虫の殺虫方法を提供する。
効果 相対的に硬い農作物だけでなく、生育中の植物や相対的に軟らかい農作物等の表面に付いた害虫及び内部に潜り込んでいる害虫を植物、穀物及び農作物にダメージを与えることなく効果的に殺虫することができる。
技術概要
植物、農作物又は穀物が収容された収容庫の内部の圧力を減圧する減圧工程と、減圧工程の後に収容庫の内部に二酸化炭素を注入する二酸化炭素注入工程と、二酸化炭素注入工程の後に収容庫の内部の圧力をもとの圧力に復圧させて収容庫内の二酸化炭素の濃度を40体積%以上60体積%以下にする復圧工程と、を備え、減圧工程、二酸化炭素注入工程及び復圧工程を、1回又は複数回繰り返して実施する害虫の殺虫方法により課題を解決する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 宇都宮大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT