害虫の殺虫施設及びその殺虫施設を用いた育苗方法

開放特許情報番号
L2015001990
開放特許情報登録日
2015/12/15
最新更新日
2015/12/15

基本情報

出願番号 特願2013-225295
出願日 2013/10/30
出願人 国立大学法人宇都宮大学
公開番号 特開2015-084706
公開日 2015/5/7
発明の名称 害虫の殺虫施設及びその殺虫施設を用いた育苗方法
技術分野 食品・バイオ
機能 機械・部品の製造
適用製品 害虫の殺虫施設及びその殺虫施設を用いた育苗方法
目的 簡易な装置を簡単に設置して害虫を効果的に殺虫することができる害虫の殺虫施設及びその殺虫施設を用いた育苗方法を提供すること。
効果 育苗の現場に簡易な装置を簡単に設置するだけで害虫を効果的に殺虫することができる。
技術概要
輪郭面を構成し、フィルム材により形成されたハウス10と、ハウス10の裾が全周域にわたって挿入され、液体が流し込まれる溝30と、周縁40a又はその内側の一定範囲の領域が全周にわたって溝30に挿入されて、ハウス10が設けられる領域に敷かれる底面シート40と、ハウス10の相対的に下側に設けられ、二酸化炭素をハウス10に注入するための注入口20と、ハウス10の相対的に上側に設けられ、ハウス10の空気を外部に排出すための排出口21と、注入口20に接続して、ハウス10に二酸化炭素を供給する二酸化炭素供給装置50と、を備えた殺虫施設及びこの施設を利用した育苗方法により課題を解決する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 宇都宮大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT