移動音像生成装置及びその設計方法

開放特許情報番号
L2015001977
開放特許情報登録日
2015/12/7
最新更新日
2015/12/7

基本情報

出願番号 特願2011-189623
出願日 2011/8/31
出願人 学校法人千葉工業大学
公開番号 特開2013-051631
公開日 2013/3/14
登録番号 特許第5828450号
特許権者 学校法人千葉工業大学
発明の名称 移動音像生成装置及びその設計方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 移動音像生成装置及びその設計方法
目的 音像を異なる位置に移動させるのに、信号処理の規模や負荷が小さい、安価な移動音像生成装置を提供する。
効果 左右チャンネルのレベル比を変更して、ゲイン設定手段による追加ゲインに反映させるのみで、音像位置を変更できるため、簡易な信号処理で、効率的に容易に移動音像を生成でき、処理能力がさほど高くない安価なハードウェアを用いることができ、テレビ、ゲーム機、携帯端末などに臨場感のある仮想空間を実現する音響コンテンツや映像コンテンツを提供できる。
技術概要
移動音像生成装置1は、音源から入力された左右チャンネルの信号を一対の遅延回路4L,4Rで所定の時間遅れをもって夫々通過させ、これらを通過した左右チャンネルの信号を一対の演算出力器5L,5Rで演算処理して各スピーカ2,2へ出力し、左右チャンネルの信号を一対の音像調整フィルタ6L,6Rで他チャンネル側の演算出力器5L(5R)へ夫々通過させる。音像調整フィルタ6L,6Rは、複数のバンドパスフィルタに所定の追加時間遅れを付加する時間遅れ設定手段と、所定の追加ゲインを付加するゲイン設定手段とを含む。ゲイン設定手段の追加ゲインは、予めスピーカに向かう聴取者の左又は右の真横に最も近づく音像定位に設定し、聴取者に対する音像位置に応じた調整ゲインとするように付加ゲインを変更する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT