光硬化性組成物及び該組成物に用いるアントラセン誘導体

開放特許情報番号
L2015001903
開放特許情報登録日
2015/11/20
最新更新日
2018/8/21

基本情報

出願番号 特願2016-556648
出願日 2015/10/30
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 WO2016/068274
公開日 2016/5/6
発明の名称 光硬化性組成物及び該組成物に用いるアントラセン誘導体
技術分野 有機材料、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 光硬化性組成物及び該組成物に用いるアントラセン誘導体
目的 材料への光照射と加熱により流動化(液体)−非流動化(固体)を起こす透明な材料を提供する。
効果 流動性のある液体状態をとるが、光の照射により固体状態に転移し、加熱により再び再接着可能な液体に戻すことができる透明な材料を提供することができる。
技術概要
アントラセン部位を含む基を1分子中に3個以上有するアントラセン誘導体を主成分とする光硬化性組成物であって、該組成物は流動性のある状態から、光を照射することで非流動化し、その後加熱することにより室温に戻した後も流動化状態を保つことを特徴とする光硬化性組成物。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT