単一カメラによる物体の変位と振動の測定方法、装置およびそのプログラム

開放特許情報番号
L2015001892
開放特許情報登録日
2015/11/20
最新更新日
2018/8/22

基本情報

出願番号 特願2017-535292
出願日 2016/7/11
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 WO2017/029905
公開日 2017/2/23
発明の名称 単一カメラによる物体の変位と振動の測定方法、装置およびそのプログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 単一のデジタルカメラによる面外変位分布計測方法
目的 物体の面外変位分布または面内変位と変外変位を含む三次元変位分布、さらに、時系列の測定結果から得られる振動分布を簡便かつ高精度で測定する。
効果 本発明により、測定対象物表面に規則模様があるマーカを貼り付けるまたは転写し、デジタルカメラで連続的に撮影するだけで、簡便に高精度な面外変位分布や三次元変位分布およびその振動分布を測定できる。
技術概要
物体の面外変位または三次元変位を測定するために、複数台のカメラを用いる方法では、カメラ間の正確な同期や複数カメラ装置のコストや解析時間の増加、2台または複数台のカメラで撮影された画像内で同時に撮影できる範囲しか解析できないなど、種々の実用的な問題点が存在する。
単一デジタル(ビデオ)カメラから物体表面に貼り付けたまたは転写した格子マーカをデジタル(ビデオ)カメラで撮影し、画像処理により画像上の格子ピッチの位相の面外変位による微小変化からサンプリングモアレ法を利用してその面外変位量を定量的に求める。また同様に同一格子の位相の面内・面外変位による微小変化からサンプリングモアレ法を利用してその面外・面内変位量を定量的に求め見かけ上の面内変位の影響を除外して3次元変位量を求める。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT