金属回収装置、金属回収方法

開放特許情報番号
L2015001880
開放特許情報登録日
2015/11/17
最新更新日
2016/7/27

基本情報

出願番号 特願2012-142259
出願日 2012/6/25
出願人 学校法人 工学院大学
公開番号 特開2013-082991
公開日 2013/5/9
登録番号 特許第5939632号
特許権者 学校法人 工学院大学
発明の名称 金属回収装置、金属回収方法
技術分野 金属材料、機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 金属回収装置と回収方法
目的 溶媒を用いることなく、基板から金属を回収すること。
効果 溶媒を用いることなく、樹脂基板12から銅層12Bを金属として回収することができる。また、溶媒を用いることがないため、安価な装置及び方法である。
技術概要
高周波加熱装置が、高周波誘導加熱により、基板の金属層12Bを加熱する。金属層12Bが加熱されることで、例えば、金属層12Bと接触している板部材12Aの接合面側が部分的に溶融し、板部材12Aと金属層12Bとの接合強度が弱まる。せん断力付与装置20は、板部材12Aと金属層12Bとの接合面にせん断力を付与する。このせん断力により板部材12Aと金属層12Bとが分離し、金属層12Bが金属として回収される。このように、溶媒を用いることなく、基板12から金属を回収することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT