スピーカーの非線形歪低減装置、方法、及びプログラム

開放特許情報番号
L2015001878
開放特許情報登録日
2015/11/17
最新更新日
2015/11/17

基本情報

出願番号 特願2013-096942
出願日 2013/5/2
出願人 学校法人 工学院大学
公開番号 特開2014-220589
公開日 2014/11/20
発明の名称 スピーカーの非線形歪低減装置、方法、及びプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 スピーカーの非線形歪低減装置、方法、及びプログラム
目的 システムを厳密に非線形関数でモデル化することなく、少ない計算量でスピーカーの非線形歪を低減することができるスピーカーの非線形歪低減装置、方法、及びプログラムを提供する。
効果 システムを厳密に非線形関数でモデル化することなく、少ない計算量でスピーカーの非線形歪を低減することができる、という効果を有する。
技術概要
スピーカーの非線形歪低減装置10は、スピーカー14からマイクロホン16までのインパルス応答を計測し、スピーカー14から出力させる音源信号、音源信号をスピーカー14から出力してマイクロホン16で入力したスピーカー14からの出力信号、及びインパルス応答の計測結果に基づいて、出力信号の非線形成分を算出し、非線形成分及びインパルス応答に基づいて、音源信号を補正する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT