治療活性物質の作用を増強するための高分子化環状ニトロキシドラジカル化合物の使用

開放特許情報番号
L2015001829
開放特許情報登録日
2015/11/5
最新更新日
2016/1/25

基本情報

出願番号 特願2010-211826
出願日 2010/9/22
出願人 国立大学法人 筑波大学
公開番号 特開2012-067025
公開日 2012/4/5
登録番号 特許第5843086号
特許権者 国立大学法人 筑波大学
発明の名称 治療活性物質の作用を増強するための高分子化環状ニトロキシドラジカル化合物の使用
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 製薬学的製剤
目的 生体内標的組織または細胞への治療活性物質のデリバリー効率を高めるかまたは該標的における治療活性物質の有する活性を増強するための製薬学的製剤の提供。
効果 本発明に従うRNPは、Enhanced permeability and retention(EPR)効果により腫瘍近傍へ集積し、細胞の炎症反応を抑制することにより、標的組織または細胞において治療活性物質本来の活性を効率よく発揮できるので、当該活性を増強できる。なお、治療活性物質が核酸分子である場合には、腫瘍、または炎症組織近傍において、その発現効率を高めることもできる。
技術概要
生体内標的組織または細胞への治療活性物質のデリバリー効率を高めるかまたは該標的における治療活性物質の有する活性を増強するための製薬学的製剤であって、有効成分として、高分子化環状ニトロキシドラジカル化合物を含んでなり、該治療活性物質が抗腫瘍剤または核酸分子である、製薬学的製剤。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT