セシウムイオンの除去方法およびセシウムイオンの除去装置

開放特許情報番号
L2015001811
開放特許情報登録日
2015/11/5
最新更新日
2016/11/25

基本情報

出願番号 特願2012-011269
出願日 2012/1/23
出願人 国立大学法人 筑波大学
公開番号 特開2013-148552
公開日 2013/8/1
登録番号 特許第6015891号
特許権者 国立大学法人 筑波大学
発明の名称 セシウムイオンの除去方法およびセシウムイオンの除去装置
技術分野 情報・通信、化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造、洗浄・除去
適用製品 セシウムイオンの除去方法およびセシウムイオンの除去装置
目的 回収したセシウムの二次汚染を低減する。
効果 マンガン、亜鉛、コバルトを使用しない場合に比べて、セシウムの回収効率を高める。
第2の槽にカチオンおよびアニオンを供給してシアノ架橋金属錯体を生成させることができる。
第1の槽に供給されてイオン交換膜を通過したカチオンによりシアノ架橋金属錯体を生成させることができる。
技術概要
セシウムイオンを含む第1の溶液に対して、アニオンとしての鉄シアノ錯体イオンを含む第2の溶液と、カチオンとしての遷移金属イオンを含む第3の溶液と、を供給して、前記鉄シアノ錯体イオンと前記遷移金属イオンとシアノ架橋金属錯体結晶を形成する過程で前記セシウムイオンを捕獲して、前記第1の溶液中から前記セシウムイオンを除去することを特徴とするセシウムイオンの除去方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT