亜鉛基合金の酸化物除去方法

開放特許情報番号
L2015001800
開放特許情報登録日
2015/10/29
最新更新日
2015/10/29

基本情報

出願番号 特願2002-225216
出願日 2002/8/1
出願人 本田技研工業株式会社
公開番号 特開2004-068044
公開日 2004/3/4
登録番号 特許第4074489号
特許権者 本田技研工業株式会社
発明の名称 亜鉛基合金の酸化物除去方法
技術分野 金属材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 亜鉛基合金の酸化物除去方法
目的 亜鉛基合金の表層から酸化物を容易かつ確実に除去するとともに、前記表層に所望の硬度や強度を付与することが可能な亜鉛基合金の酸化物除去方法を提供する。
効果 亜鉛基合金の表面に炭化水素化合物の粉末を含む粉末分散材が塗布された後、この粉末分散材が加熱されるため、前記亜鉛基合金の表層に形成されている酸化物が、前記炭化水素化合物中の炭素によって還元される。従って、水素による還元のように特別な専用設備を用いる必要がなく、簡単な構成および工程で、亜鉛基合金の表層に形成された酸化膜を有効かつ確実に除去することができる。
技術概要
亜鉛基合金の表層に形成された酸化物を除去する亜鉛基合金の酸化物除去方法であって、
炭化水素化合物の粉末と、マグネシウム、アルミニウムまたはマンガンの少なくとも1種の金属粉末、あるいはマグネシウム合金、アルミニウム合金またはマンガン合金の少なくとも1種の合金粉末とを、有機溶媒中に分散させて粉末分散材を得る工程と、前記亜鉛基合金の表面に前記粉末分散材を塗布する工程と、前記亜鉛基合金を加熱処理して前記酸化物を除去するとともに、該亜鉛基合金の表層に合金層を形成する工程と、を有することを特徴とする亜鉛基合金の酸化物除去方法。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT