鍛造成形装置

開放特許情報番号
L2015001798
開放特許情報登録日
2015/10/29
最新更新日
2015/10/29

基本情報

出願番号 特願2001-295583
出願日 2001/9/27
出願人 本田技研工業株式会社
公開番号 特開2003-103334
公開日 2003/4/8
登録番号 特許第4585724号
特許権者 本田技研工業株式会社
発明の名称 鍛造成形装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 鍛造成形装置
目的 超硬合金やサーメット、傾斜複合材等の硬質材料からなるダイまたはパンチを備える場合においても該ダイまたは該パンチの長寿命化を図ることができ、このために加工コストが低減するとともに、成形品の寸法がばらついてしまうことを回避することが可能な鍛造成形装置を提供する。
効果 ダイと該ダイを下方から支持する支持盤との間にインサート部材を介装するようにしているので、ワークに対して鍛造加工を施す際にダイおよびパンチに作用する応力が著しく低減する。このため、ダイおよびパンチの寿命が長期化するので、加工コストが大幅に低減するとともに、成形品の寸法がばらつくことを回避することができる。
技術概要
キャビティが設けられたダイと、前記ダイに外嵌されたホルダと、前記ダイの下方に配置された支持盤と、前記キャビティに挿入されるパンチとを備える鍛造成形装置において、
前記ダイと前記支持盤との間に摺動自在に介装され、且つ側壁部が前記ホルダの挿入部の内壁から離間したインサート部材を備え、
前記インサート部材は、ヤング率が70〜200GPaを示すとともに、前記側壁部が湾曲形成されていることを特徴とする鍛造成形装置。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT