半凝固金属スラリーの製造装置及びその制御方法並びに半凝固金属スラリーの製造方法

開放特許情報番号
L2015001794
開放特許情報登録日
2015/10/29
最新更新日
2015/10/29

基本情報

出願番号 特願2003-190305
出願日 2003/7/2
出願人 本田技研工業株式会社
公開番号 特開2005-021943
公開日 2005/1/27
登録番号 特許第3990654号
特許権者 本田技研工業株式会社
発明の名称 半凝固金属スラリーの製造装置及びその制御方法並びに半凝固金属スラリーの製造方法
技術分野 機械・加工
機能 検査・検出、制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 半凝固金属スラリーの固相率管理方法及び粘度計測装置
目的 鋳造技術の高度化要求に伴って、半凝固金属スラリーを対象とした固相率の管理精度をより高めること。
効果 粘度を検出するため、冷却速度の変化や時間の影響を排除することができ、大幅に半凝固金属スラリーの固相率の管理精度を高めることができる。
技術概要
金属成分別に半凝固金属スラリーの固相率と粘度との相関を表すマップを準備する工程と、このマップを利用して目標固相率に対応する目標粘度を定める工程と、ルツボに入れた半凝固金属スラリーを冷却しつつその粘度を計測する粘度計測工程と、この粘度が前記目標粘度に到達するまで冷却を実施する工程と、からなり、これら工程群を半凝固金属スラリーの固相率と粘度との相関を表すマップの準備から半凝固金属スラリーの冷却終了までの間に実施することで半凝固金属スラリーの固相率を目標固相率に合致させることを特徴とする半凝固金属スラリーの固相率管理方法。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT