インジェクタ体の噴射孔加工方法

開放特許情報番号
L2015001779
開放特許情報登録日
2015/10/29
最新更新日
2015/10/29

基本情報

出願番号 特願2011-082942
出願日 2011/4/4
出願人 本田技研工業株式会社
公開番号 特開2012-217998
公開日 2012/11/12
登録番号 特許第5820602号
特許権者 本田技研工業株式会社
発明の名称 インジェクタ体の噴射孔加工方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 インジェクタ体の噴射孔加工技術
目的 製造工数を少なくすることができるインジェクタ体の噴射孔加工技術を提供する。
効果 製造工数を少なくすることができるインジェクタ体の噴射孔加工技術を提供することができる。
技術概要
内部に流路を有するインジェクタ体の壁部にレーザ光を照射すると共に前記インジェクタ体のレーザ照射領域にガスを供給し、第1の噴射孔の下孔が貫通した後はレーザ出射側をレーザ入射側より低圧にすることで前記第1の噴射孔を通過する前記ガスの流量を計測し、第2の噴射孔以降はレーザ出射側をレーザ入射側より低圧にすることでそれまで開けた複数の噴射孔を通過する前記ガスの流量を計測するようにしたインジェクタ体の噴射孔加工方法において、
前記インジェクタ体の壁部にレーザ光を照射するレーザ照射工程と、
前記噴射孔を通過するガスの流量を計測する流量計測工程と、
計測した流量を予め決定した目標流量と比較する比較工程と、
計測した流量が前記目標流量に到達したときに前記レーザ光の照射を停止するレーザ停止工程と、を繰り返して複数個の噴射孔を形成することを特徴とするインジェクタ体の噴射孔加工方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT