リポソームの製造方法

開放特許情報番号
L2015001770
開放特許情報登録日
2015/10/28
最新更新日
2015/10/28

基本情報

出願番号 特願2010-108505
出願日 2010/5/10
出願人 国立研究開発法人科学技術振興機構
公開番号 特開2011-236151
公開日 2011/11/24
登録番号 特許第5669058号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 リポソームの製造方法
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品、情報・通信
機能 材料・素材の製造
適用製品 リポソームの製造方法
目的 サイズの均一性及び簡便性に優れるリポソームの新たな製造方法の提供。
効果 サイズの均一性に優れるリポソームを簡便に製造することができ、好ましくは膜タンパク質を含むリポソームを製造することができる。
リポソームを用いた生体分子機能解析モデルや、薬物輸送担体、遺伝子導入担体等といった様々な分野に有用である。
技術概要
リポソームの製造方法であって、
疎水性高分子の多孔質体の内部の孔に形成した乾燥脂質フィルムからリポソームを形成することを含む、リポソームの製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

登録者名称 国立研究開発法人科学技術振興機構

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT