種子収量が向上した植物

開放特許情報番号
L2015001768
開放特許情報登録日
2015/10/28
最新更新日
2015/10/28

基本情報

出願番号 特願2008-554030
出願日 2008/1/15
出願人 国立研究開発法人科学技術振興機構、岡山県
公開番号 WO2008/087932
公開日 2008/7/24
登録番号 特許第5774809号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 種子収量が向上した植物
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 種子収量が向上した植物
目的 種子収量の向上した植物を作出する技術を提供する。
効果 植物の花の数または種子の数を増加させることができる。それゆえ、例えば、鑑賞用の草花や食糧用の植物だけでなく、森林やバイマスエネルギー用の植物資源において花の数や収量を増加させることができる。したがって、農林業だけでなく、食品産業、エネルギー産業等の広範な産業に利用可能である。
技術概要
植物由来のγ−グルタミルシステインシンセターゼをコードするポリヌクレオチドが導入されている形質転換植物であって、該ポリヌクレオチドの翻訳産物は葉緑体移行シグナルペプチドを有しておらず、かつ、親植物における単位面積あたりのバイオマス量および種子収穫量を十分に向上させる植栽密度よりも高い植栽密度にて栽培されることで、親植物と比較して単位面積あたりのバイオマス量または種子収穫量がさらに増加することを特徴とする形質転換植物。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT