光通信システム、管理サーバ、光通信方法

開放特許情報番号
L2015001759
開放特許情報登録日
2015/10/23
最新更新日
2015/10/23

基本情報

出願番号 特願2012-041492
出願日 2012/2/28
出願人 日本電信電話株式会社、国立大学法人京都大学
公開番号 特開2013-179428
公開日 2013/9/9
登録番号 特許第5725513号
特許権者 日本電信電話株式会社、国立大学法人京都大学
発明の名称 光通信システム、管理サーバ、光通信方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 光通信システム
目的 TDM方式の光通信システムにおいて、データの転送効率の向上を図る。
効果 管理サーバは、ホストコンピュータ間の通信に複数の光タイムスロットを割り付ける場合、複数の光タイムスロットを連続して割り付け、光送受信装置は、複数の光タイムスロットが連続して割り付けられた場合、複数の光タイムスロットの先頭にのみガードタイムを付与し、複数の光タイムスロットを送信する。
これにより、ガードタイムの比率が下がるため、データの転送効率の向上を図ることができる。
技術概要
光通信システムは、光タイムスロットを送受信する光送受信装置10−1〜10−2と、光タイムスロットのスイッチングを行う光交換装置20−1〜20−3と、ホストコンピュータ間の通信要求を受けた場合に、該通信に光タイムスロットを割り付ける管理サーバ(30)と、を有する。前記管理サーバは、前記ホストコンピュータ間の通信に複数の光タイムスロットを割り付ける場合、該複数の光タイムスロットを連続して割り付け、前記ホストコンピュータ間の通信に複数の光タイムスロットが連続して割り付けられた場合、送信元のホストコンピュータに接続された前記光送受信装置は、該複数の光タイムスロットの先頭にのみガードタイムを付与し、該複数の光タイムスロットを送信する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT