無線信号の受信方法及び受信装置

開放特許情報番号
L2015001753
開放特許情報登録日
2015/10/23
最新更新日
2015/10/23

基本情報

出願番号 特願2011-248039
出願日 2011/11/11
出願人 日本電信電話株式会社、国立大学法人京都大学
公開番号 特開2013-106161
公開日 2013/5/30
登録番号 特許第5754353号
特許権者 日本電信電話株式会社、国立大学法人京都大学
発明の名称 無線信号の受信方法及び受信装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 希望端末からの信号を受信する干渉キャンセラ技術
目的 非同期で到来するパケット信号に対し、干渉信号を抑圧しつつ、希望信号の受信を可能にする。
効果 非同期で到来するパケット信号に対し、干渉信号を抑圧しつつ、希望信号の受信を可能にすることができる。
技術概要
複数のアンテナを備える受信装置の受信方法であって、アナログフィルタを介して信号を受信するステップと、受信した信号が自受信装置宛であるか否かに基づき、干渉信号であるか希望信号であるかを判定するステップと、干渉信号であった場合に、干渉チャネル情報を用いて、干渉信号用と希望信号用の少なくとも一方のアナログフィルタのアレーウエイトをそれぞれ更新し、希望信号であった場合に、チャネル情報を用いて、希望信号用と干渉信号用の少なくとも一方のアナログフィルタのアレーウエイトをそれぞれ更新するステップとを有し、アレーウエイトの更新は、受信した信号が干渉信号であった場合には直ちにアレーウエイトをそれぞれ更新し、受信した信号が希望信号であった場合には、データの復号完了後に、アレーウエイトをそれぞれ更新する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT